2010年01月25日

3種類のチョコレートの描き方

エクセルバージョン2007で描くチョコレート[E:present]です。

(2010/1/25 追記:エクセル2010で描いているため一部設定の方法が違うところがあります。グラデーションの機能は2007と2010では分岐点の設定の仕方が異なっているようです。解りにくい部分があると思いますが参考という形でお読みいただければ幸いです。)

ハートの形のかわいいチョコレート。

Choco
※Valentin=Valentine  (イラスト内のスペル間違えました、ごめんなさい)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

お料理が苦手な私でも出来ちゃいました(*´v*)

まずは大人の味、ビターチョコレートからです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1

@ 図形ハートを描きます。
(shiftキーを押しながらドラッグすると綺麗なハートが描けます。)

上の図のとおりグラデーションで色を設定します。
使った色は下のとおりです。

【濃い茶色】

Choco2

【薄い茶色】

Choco3

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Choco4

A ハートを3−D書式設定します。

  面取り→ソフトラウンド  幅:20pt  高さ:50pt

   次に下の図のように【表面・質感】の設定をします。

  質感:ダークエッジ

Choco5

 

これでビターチョコレートの出来上がりです。

3−D設定は面倒ですが覚えてしまえば簡単ですよ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

B お次は上のビターチョコレートの3−D設定をちょっと変えて

  ちょっとおしゃれなデザインのチョコレートを描きます^^

 (ビターチョコレートの@まで一緒です)

3−D書式

面取り→アールデコ    幅:20pt  高さ:30pt

表面・質感はビターチョコレートと同じくダークエッジです。
  

Choco6

これで2個目のチョコレートが描けました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

C 3個目は文字を入れたチョコレートです。

   こちらも上のチョコレート同様、3−D書式の設定のみを下のように変えます。

   面取り→溝 幅:15pt  高さ:50pt

      表面・質感→プラスティック

 

Choco7

[E:pencil]テキストを挿入します。

挿入→ワードアート

I Love You と入力します。

フォントは下の場合、(Snell Bd BT)です。

色などはこれから設定していきますので、一旦、下記のデザインで設定しました。

Text1

テキストの設定は以下の通りです。

【色】 ↓

Text2

【輪郭】↓

輪郭の色はちょっと濃い目を選びます。

Text3

【輪郭のスタイル】↓

Text4

【影※】↓

Text5

  ※影の標準スタイル→内側 下の通りです。

Text6

【文字の効果】↓
 変形させます。 

 

Text7

テキストが出来上がったら先ほどのハートの絵の上にバランスよく配置します。

文字の大きさを適度に調節してくださいね。

これをグループ化すれば出来上がりです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3−Dの設定など面倒ですが、これさえ覚えてしまえばいろいろなバリエーションで楽しめますのでこの機会に是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか

posted by yaya at 02:39| Comment(3) | エクセル2010で絵を描こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。