2009年03月12日

ガラス玉(ボール)の描き方

Glass

ガラスのようなボールの描き方です。

エクセル2007に新しく追加された機能(ツール)を使って

上のような絵を描いていきます。

今回は基本図形の円のみ使います。
 
       注)図形・円の色が分かりやすいように背景を黒にしています。

----------☆------------☆--------------☆

Gla1

@ 基本図形を使い円を描きます。

   色は上の図のようにグラデーション・斜め方向にします。

  [E:flag]描画ツール → 書式 → 図形の塗りつぶし →
        グラデーション(G) → その他のグラデーション

 エクセル2007より導入された分岐による色の設定は下記のとおりです。

【分岐1】

Bunki1

【分岐2】

Bunki2_3

【分岐3】

Bunki3

----------☆------------☆--------------☆

2en

A 白色で新たに円を描きます。

  @と同様にグラデーションの設定をします。

 グラデーションの種類はとりあえずここでは気にせず進んでください。

Gra2_2

     point! 分岐による色の設定をします。

【分岐1】

Bunki21

【分岐2】

Bunki22

----------☆------------☆--------------☆

Style2

B スタイルの設定をします。

  [E:flag]描画ツール → 書式 → 図形の効果 →
        標準スタイル → 標準スタイル2

Style21_2

----------☆------------☆--------------☆

C A〜Bで描いた円をコピー&ペーストして、違う色の円をもう1個描きます。

   手順はA〜B同様ですが、【分岐1】の色のみを変更します。

   色は以下の通りです。

    【分岐1】
   色は濃い紫です。(同じような色であればOKです)

Bunki22

 ----------☆------------☆--------------☆

D ここまでで3つの円が出来上がりました。

  この三つの円を組み合わせます。

Kasane1

 まず一番最初に描いた円(上記@で作成)を基準に

 Iの円(上記A・Bで作成した円)を重ね、次にJ(Cで作成した円)

 を上図のように重ねます。

 更にK、L、Mの小さな円を白で描き、ハイライトとして重ねます。

   point!  I、JとK、L、Mの円の大きさは上の図を参考に。

        Mは色を透過し薄くしています。

全部組み合わせたらグループ化します。

----------☆------------☆--------------☆

Kansei1_2

E グループ化した円に反射を付けて完成です[E:fuji]

    [E:art]他の色でもガラス玉を描きたいときは

   Cで描いた円の分岐の色を同系色の濃い色

   にすると良いと思います。


        

   

posted by yaya at 13:37| Comment(22) | エクセル2007で絵を描こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。